ベジママの口コミについて調査している時に、

”ベジママは妊娠中に飲むべきサプリメントではありません。”

といった書き込みを見かけました。

 

口コミに書かれている通り、実はベジママは妊娠中に飲むべきサプリメントではありません

ベジママは妊活用サプリメントであって、妊娠前に必要な栄養素は配合されていますが、
妊娠後に必要な栄養素はベジママだけでは足りないからです。

 

この記事では、

まで一通り解説をしています。
※この記事の全体像です。(クリックすると該当の場所へ移動します)

 

ベジママを妊娠中に飲むべきではない理由を中心に紹介していくので、どれか一つでも気になる項目があれば、先に読み進めてみてくださいね。

ベジママを妊娠中に飲むべきではない理由

ベジママ 妊娠中

ベジママの口コミにも書かれている通り、ベジママは妊娠中に飲むべきサプリメントではありません。
理由は”妊娠中に必要な成分や栄養素がベジママには足りていないから”です。

 

ベジママは妊活に必要な成分として近年注目されている「ルイボス」や「ピニトール」は配合されていますが、逆に妊娠中や妊娠後に必要な「鉄」や「カルシウム」といった成分は含まれていません。

 

妊娠中は赤ちゃんのために「鉄」と「カルシウム」が大量に必要です。

鉄やカルシウムが足りなくなると、あなたの骨や筋肉が削られて、赤ちゃんに栄養素として補給されてしまいます。

それほど妊娠中は「鉄」と「カルシウム」が必要となり、実は貧血に悩まされている妊婦さんって沢山いらっしゃるんですよ。

 

つまり、ベジママは妊活中に高い効果を発揮する成分が含まれているサプリメントですが、
妊娠中の栄養補給に必要な成分が配合されていないため力不足なんです。

 

ではなぜ、他社のサプリメントと同じように「鉄」や「カルシウム」がベジママには配合されていないのでしょうか。

理由は、色々な成分が配合されていると体に優しくないですし、逆に妊活の邪魔になっている場合があるからです。

 

ベジママは「妊活に必要な成分」と「体に優しい成分」だけが配合されているサプリメントです。

あくまでも”妊活中に飲むサプリメント”として、妊活を全力でサポートしてくれます。

 

妊活にチカラを入れたサプリメントですので、他社のサプリメントとは効果の実感度が違います。

ベジママを妊娠中より前に飲んだほうが良い理由

ベジママ 妊娠中

ベジママは妊娠中より前に飲んだほうが良い理由は、ピニトールという成分の効果に秘密があります。

ピニトールとは、アイスプラントという植物に含まれている成分のこと。ヨーロッパでは古くから食されていて、ほのかな”塩味”が特徴的です。

 

聞きなれない名前のピニトールですが、実は妊活をサポートする成分として近年注目を集めています。

ピニトールは体内に入ると「カイロイノシトール」という物質に変化します。

カイロイノシトールとは、ビタミンB群の一つで、「脂肪分解」や「生活習慣病の予防」など様々な健康効果をもたらしてくれます。

特に「多嚢胞性卵巣症候群で不妊症の方」「なかなか妊活がうまくいかないと悩んでいる方」は、このカイロイノシトールが足りないと言われています。

ベジママと妊娠中の関係まとめ

ベジママ 妊娠中

  • ベジママには妊娠中に必要な栄養素が配合されていない
  • ベジママは妊活にチカラを入れているサプリメントだから効果の実感度が違う
  • 妊活中はベジママを。妊娠したら葉酸サプリメントを飲みましょう

ベジママは1日たったの4粒飲めば良いサプリメントです。

過剰にベジママを摂取すれば妊娠を促進させる効果があるというわけではありません。

過剰摂取するとベジママに含まれている”葉酸の影響”で「吐き気」や「食欲不振」といった副作用が現れることもありますので注意しましょう。

 

また、ベジママは妊娠してから飲むサプリメントではありません。
妊娠しようと思った時から飲むサプリメントです。

妊活中にベジママを飲むことで高い効果を発揮することができます。

他の葉酸サプリを試して効果を感じられなかった人がベジママを飲んで妊娠したという体験談もあります。

ベジママの口コミ評判については下記の記事↓にまとめてあります。
よろしければあわせてお読み下さい。
>>ベジママの口コミについて

ベジママはあくまでも妊活をサポートするサプリメントです。
妊娠がわかったら、は妊娠中に必要な栄養が摂れるサプリメントを飲むようにしましょう。